サイト内検索
学校生活
ホーム  >  学校生活  >  学生の声
学生の声

1年 I

1g

 私は小学生の頃から、親や親戚の影響で医療関係の仕事に興味がありました。進路について考えるようになった時も、患者さんと多く関わることのできる看護師を志すようになりました。

 そんな中、実習先の病院も近くにあり、まわりがとても静かで学習や実習に集中できる環境のこの学校を見つけ、ここで学びたいと思い入学しました。

 私は岩手県から来たので知り合いが一人もいなく、最初の頃は不安でいっぱいでしたが、今ではまわりの人たちに助けられながら、毎日楽しく生活することができています。これから3年間の中で大変なことも多いと思いますが、自分が看護してもらいたいと思えるような看護師を目指して頑張ります 。

 

 

 

2年 O

2g

 私が本校の最大の魅力だと思うことは、隣接している土浦協同病院への実習と、実践に近い技術を学ぶことのできる学校設備が整っていることです。

 実習先の土浦協同病院は多種多様な専門科があり、認定看護師も多く在籍していることから、実習を重ねる度に沢山のことを学ぶことができます。学校内にはシミュレーション室があり、正常を知るだけでなく異常な状態までトレーニングモデルから学ぶことができ、実践に向けた学習ができます。

 また、忘れてはならないのは、いつでも学生の味方になってくれる先生方の存在です。授業、技術、実習などで分からないことを質問すれば、必ず解決へと導いてくれます。 技術がなかなか上手くできない時には放課後まで指導して頂き、技術を高めることができました。

 これからも同じ夢を持った仲間とお互いに高め合いながら、自分の理想の看護師像に近づけるように頑張ります。 

 

 

 

 

3年 K

3g

  私は高校生時代に大きな目標がなく、ただ、人のためになる仕事に就きたいという漠然とした理由で看護師を志しました。

  入学当初は、他の学生は志がとても高いように感じ不安でいっぱいでしたが、経験豊かな先生方や本校を卒業した先輩看護師の指導のもと、様々な患者さんを受け持たせていただき、次第に自信がついてきました。

 実習先の土浦協同病院はすぐれた医療環境下にあり、多くの患者さんと出会い関わる中で、看護師の役割について実践的に学ぶことができます。楽しいことばかりではなく、患者さんに対して自分は何ができるのかと悩むこともありますが、先生方や仲間たちに支えられ充実した実習ができます。

 また、3年生になると国家試験も控えていますが、先生からの親身なサポートのもと仲間たちと協力し合うことで、実習と試験勉強を両立することができています。全校生徒300名以上の中、男子学生は各学年約10名と少ないのですが、全学年を通しとても仲良く団結力があります。

 これからもお互いに切磋琢磨できる仲間たちとともに、患者さんに寄り添い、思いやりを持って支えとなるような看護師になるために、頑張りたいと思います。

 

 

 

卒業生 I

sotsu

 平成30年4月から土浦協同病院で看護師として勤務しています。まだまだ未熟であり日々学ぶことが多く大変ですが、多くの同期がいるため、よく話をして元気をもらい頑張っています。

 学生の頃は実習や課題が多く、心が折れそうになることもありましたが、親身になって相談にのってくれ、的確なアドバイスをくれる先生達がいるため、サポート環境が厚い中で充実した学生生活を送ることができました。

 この学校の授業では、臨床の現場で実際に仕事をしている看護師や医師の講義があるため、より医療現場に近い知識や技術を学ぶことができます。また、実習先でも臨床の指導者が、学生一人一人に丁寧に指導して下さるため、学習をする上で非常に恵まれている環境だと思います。 

 

 

学生生活
土浦協同病院附属看護専門学校
土浦協同病院附属看護専門学校

〒300-0028
茨城県土浦市おおつ野
二丁目2番10号
TEL 029-869-5110

→アクセスマップ

ページの先頭へ