サイト内検索
学校生活
ホーム  >  学校生活  >  学生の声
学生の声

1年 Sさん・Sさん

1g

 親戚のいる茨城県に親近感を持ち、早く自立したいと考え、秋田県から土浦協同病院附属看護専門学校に入学しました。

 学校探しをしている時に、オンラインオープンキャンバスに参加し、土浦協同病院の病室が再現されている実習室やシミュレーション室などを見て、設備が充実していることを知りました。

 さらに、先輩方が楽しそうに学校案内する姿を見て、自分も仲間入りしたいと考え入学を決めました。

 今年度からは、電子教科書になったことで効率的に学習に取り組むことができる環境が整っています。

 コロナ禍で制限がある中で生活している状況ですが、看護学生としての自覚をもって仲間と協力し合い、日々成長できるように頑張っていきたいと思います。

 

 

2年 Oさん

2g

 看護学校に入学して2年目を迎えました。

 1年生では、授業や実習を通して特にコミュニケーションの大切さを学びました。看護師は誰よりも患者さんの近くにいるため、コミュニケーションをとり良い関係を築くことで患者さんの信頼を得ることができたと思います。

 新型コロナウイルスの中でもオンライン授業や学内実習など、先生たちが工夫してくださったおかげで、例年と変わらず良い環境でより深く学ぶことができました。

 実習は学内実習となりましたが、自分たちが患者さんと関わっている様子を動画で撮影し、後から客観的に見て新しい課題を見つけるなど、新たな学び方を体験することができました。

 1年生で学んだことを忘れず、2年生でも新しい知識を得て、看護師という夢に向かって頑張りたいと思います。

 

 

3年 Kさん

3g

 最高学年の3年生になり、国家試験の勉強を行いながら実習や授業に励んでいます。

 昨年は新型コロナウィルスの影響により、学内での実習も多くありました。

 その後、病院で実際に患者さんと関わり、援助やコミュニケーションを直接行う機会をいただき、そのありがたさを改めて実感しました。

 この経験をとおし、私は患者さんの小さな変化に気付き、思いに寄り添うことができる看護師になりたいと強く思いました。

 コロナ禍で実習させて頂けることや、当たり前のことに感謝する心を忘れず、看護学生としての自覚と責任をもち、これからも実習に励んでいきたいです。

学生生活
土浦協同病院附属看護専門学校
土浦協同病院附属看護専門学校

〒300-0028
茨城県土浦市おおつ野
二丁目2番10号
TEL 029-869-5110

→アクセスマップ

ページの先頭へ